トップページ Map
コンセプト 鞄 財布 小物 メール
ホーム > 革の手入れ


革の手入れ
  1. はじめに
  2. 革のお手入れの基本
  3. 革の汚れについて
  4. 革の傷について
  5. 保革剤の必要性
  6. 革が濡れてしまったら
  7. 最後に
1. はじめに


革の手入れは、品物や素材の種類、ご使用状況やその頻度等により対処法が異なります。例えば、当店の製品にも多く使用しているの染料仕上げの革は、手入れ剤の選択を誤るとシミになってしまうことがあるため十分な注意が必要です。また、革靴に用いられるツヤ出し手法や、ライダース用品等のオイリング手法をそのまま鞄や小物に転用するべきではありません。理由は、過剰な手入れになりやすく、革に必要な通気性を損なったり、着色クリームなどは衣服への色移りの恐れもあるためです。また、オイリングは革の柔軟性や耐水性をあげる場合にのみ行ってください。基本的に、自然な仕上げの革ほど自然につきあってゆくことが最良の方法と感じます。以下、皆様方のレザーケアの手助けとなれば幸いです。 ※以下の方法を実践される場合は、念のため自己責任の元でお願いいたします。

2. 革のお手入れの基本

とにかく基本はこまめなブラッシングと乾拭きです。 目では確認しづらいですが革には無数の毛穴があります。 そこに塵や埃・汚れなどをため込めないように心がけましょう。表面加工のされていない革であればブラッシングしたのち、 時々湿らせて固くしぼったきれいな布で全体を均一に拭いてもよろしいかと思います。 この時、水分により一時的に革の変色がおこりますが、ほとんどの場合乾けば元にもどります。 ただし、染料仕上げの革は色が若干濃くなることもありますので拭き作業を均等に行うことがポイントとなります。 なお、このあとに保革剤を塗布する場合は完全に乾いてから行ってください。

3. 革の汚れについて

「顔料仕上げの革は付着汚れ」「染料仕上げの革はシミ汚れ」といったように、革の汚れは種類によって、気になるポイントが大別されるのではないかと思います。付着汚れに対しては消しゴムなどで擦り取る方法があげられますが、この方法は部分的に汚れが取れることによるムラや、逆に革の表面を傷めてしまう場合もありますので、十分な注意が必要です。

ヌメ革や染料仕上げの革についたシミ汚れは、レザーソープを使って洗うことで、きれいになることがあります。リペア業者などでは「革の染め直し」=「顔料による塗り直し」であることが少なくですが、ヌメ革や染料仕上げの革は、その方法よりもレザーソープで水洗いした方がよい場合が多いです。

4. 革の傷について

革の傷についても、上記の汚れ同様に顔料仕上げか染料仕上げかなど、革の種類よって付き方の印象が異なります。 油分を含んだタンニン革などは、傷がついても布で擦ることにより目立たなくなる場合があります。また、長い時間の経過とともに革の表面が変化し、徐々に馴染んで行く場合もあります。顔料仕上げの革の場合は、比較的、傷はつきにくいももの、色剥げなどでみすぼらしい印象になりがちです。こうなるとタンニン革のような素材特性が少ないため、目立たなくするためには着色するしか方法がありません。どちらにせよ、革の表面(吟面)が削れてしまった場合は本質的な回復の余地はなく、擬似的なカモフラージュ以外の方法はありません。革の種類を問わず、切目仕立ての製品であれば、コバの再仕上げにより全体的な印象をアップさせることが可能です。とにかく、傷が気になってしまう方はスムースな素材はできるだけ避け、シボや型押しの入った素材を使った製品を選択されることをおすすめいたします。

5. 保革剤の必要性

革の風合いは、微妙な水分と油分のバランスにより保たれています。革のメンテナンスというと、とかくミンクオイルに代表される油分補給がとりざたされますが、主に鞄や革小物にとってこのような方法はあまり適切ではありません。程よい油分を与えるためには、きれいな手でよく触ってあげるだけでも十分です。表面が乾いていると感じた場合など、定期的なメンテナンスにはデリケートクリームによる保湿をおすすめいたします。防水剤や撥水剤等のご使用は実用性の向上には役立ちますが、結果的に革の風合いを損なう恐れがあります。先述のミンクオイルに関しても、実質的には代替成分が用いられていることがほとんどのようです。表面保護の際は、植物由来のワックスの方が無難かと思います。

6. 革が濡れてしまったら

革が濡れてしまった時は、乾いたタオルなどで押し拭くように水分を取り、形を整えて風通しのよい所で陰干ししてください。 濡れた革を強く絞ったり、ドライヤーなどの急な熱で乾かしますと、硬化や変質・変形等の原因となりますので絶対に行わないようにしてください。また、革に必要な水分が乾燥と同時に抜けていってしまいます。完全に乾いていることをご確認の上、適宜、栄養補給を行ってください。その際、一晩は浸透時間をおき、その後十分に乾拭きを行ってください。

7. 最後に

大切に保管し過ぎることが、硬化や雑菌の繁殖につながる場合もございます。 また、紫外線は変色や退色の原因になるため直射日光下に放置することは避けてください。何はともあれ、愛着をもってご使用いただくことが最善のお手入れ法ではないかと思います。革の栄養補給等よりも無理な使用で型くずれさせないことが製品の状態を保つためには重要です。

別ページにて、革についての雑事を記載しております。よろしければ、あわせてご一読ください。
革選び・3つのポイント

アトリエスタイル ご購入案内 特注オーダーメイド 革の手入れ方法 リンク ブログ 教室 ホーム